調査・マーケティングリサーチ様々なシーンで生活者がどうコース情報を活用するか?
を可視化していきます。

お申し込みはこちら

旅行者の3人に1人が、「観光コース情報」にニーズを感じている

投稿日:2015年05月09日 11:07
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Q 国内の観光を検討する時に参考にしたいのはどちらの情報ですか?

 

 

観光スポットまとめと観光コース情報の使い分けについてアンケートをとってみました。結果は旅行者の3人に1人が、「観光コース情報」と回答。ユーザーのフリーアンサーから傾向をまとめました。

 

 

観光コース情報を選んだ方の主なフリーアンサー

 

自分には思い付かないプランがありそうなので、既にまとめられた情報を元に、意見を反映させた方が良いプランになりそうなので。(20代男性)

土地勘がないからスポットだけまとめられても回り方がわからない(30代男性)

コースの情報は要する時間も載っているので計画を立てやすい(20代女性)

一から考えなくてすむ(30代女性)

 

 

観光スポットまとめ情報を選んだ方の主なフリーアンサー

 

各観光地に行くかどうかの判断材料にするから(20代女性)

自分が見たいスポットを選び、自分でコース作成ができるから。(20代男性)

行きたいスポットを選んで適当に動くのが楽(30代男性)

 

 

まとめ

 

その観光地に「行ってみたい!」というキッカケになる情報は、どちらかというと観光スポットまとめの方がよいということがわかります。また、自分でコースを計画できたり、あまり計画せず気ままに旅行したいという方も観光スポットの方がよいということがわかりました。 観光コース情報は、観光地を決めた後に重要度が高まるようです。観光自治体のサイトとして、行ってみたい!と思わせる観光スポットまとめコンテンツと観光計画をサポートする観光コースコンテンツの併用は理想的な形と思われます。

 

 

観光スポットまとめと観光コースメディアを低コストで、ITスキルやデザインスキルなしで立ち上げられる、デカケルKit!お申し込みはコチラから

 

3