Read More
ユニークご当地ナンバー

ユニークなご当地ナンバープレートの観光PRがおもしろい

原付きバイクのナンバープレートは、実は形や図柄に決まりがなく、自由にデザイン可能!そこに目をつけたナンバープレートを交付する市区町村は、ご当地ならではのオリジナルナンバープレートで観光PRをしています。そこでいくつかの市区町村が交付するユニークなナンバープレートをご紹介します。

 

ユニークなご当地ナンバー

 

石川県輪島市

 

輪島市と言えば、輪島塗!ということで、なんと輪島市のナンバープレートのデザインは器です。しかもカラーが総排気量によって異なり、総排気量50cc以下はホワイト、90cc以下はイエロー、125cc以下はピンクとユニークです。

 

[caption id="" align="alignnone" width="430"] 輪島市ナンバープレート[/caption]

 

 

輪島市オリジナルナンバープレート

 

山形県天童市

 

 

[caption id="" align="alignnone" width="320"] 駒型ナンバー[/caption]

 

 

愛媛県松山市

 

全国で初めてオリジナルのナンバープレートを作った市です。2007年に小説「坂の上の雲」にちなんだナンバープレートがかわいい!

 

[caption id="" align="alignnone" width="400"] 雲の形をした松山市ナンバープレート[/caption]

 

『坂の上の雲』の「雲をイメージしたかたち」のナンバープレート

 

 

 茨城県つくば市

 

近未来なデザインが特徴の茨城県つくば市のナンバープレート。つくばモビリティロボット実験特区では、一般歩道などの公道上で搭乗型モビリティロボットを走行が可能。

 

[caption id="" align="alignnone" width="300"] 茨城県つくば市[/caption]

 

 

その他にもたくさんのご当地ナンバープレートがあります。すべてはこちらをチェック

 

 

 

Read More
難読地名

おもしろ観光!難読地名を巡ってみたい

 

 

匝瑳市、宍粟市、姶良市、邑南町、安平町、朝来市、行方市。。。全国にはとても読めない“難読地名”がたくさんあります。そんな珍地名をきっかけに旅をする、「難読地名発見観光」なんていかがでしょうか?

 

千葉県匝瑳市(そうさ)

 

千葉県にある難読地名の「匝瑳市(そうさ)」は、巨樹・巨木の数で全国でベスト10に入るほどの日本で有数の植木の街だそう。どんな巨木に出会えるか?木を愛する地元民の方はどんな人たちなのか?巨木を巡る旅をしてみてはいかがでしょうか?

 

新匝瑳市観光ガイドブック

 

兵庫県宍粟市(しそう)

 

兵庫県にある難読地名の「宍粟市(しそう)」は1,000メートルを超える山々や一級河川の揖保川、日本の名水百選の千種川がある自然豊かなところだそう。その中でも、ハイキングや様々な体験ができる「国見の森公園」は四季折々の自然に触れられる魅力的なスポット。約1,100mのコースを18分かけて登るミニモノレールはたのしそうです。

 

国見の森公園

 

 

鹿児島県姶良市(あいら)

 

鹿児島県にある難読地名の「姶良市(あいら)」は、活火山である桜島を眺めることができ、海と山がある自然に恵まれた町です。網掛川にかかる雄大な橋、金山橋やその金山橋のすぐ上流にある高さ8mの板井手の滝は、ミニ・イグアスの滝のように美しい滝です。

 

姶良市観光協会

 

まだまだたくさんある難読地名

 

 

高知県土佐市波介(はげ)

波介と書いて「ハゲ」と読みます。ハゲてる友達とぜひ一緒に観光したい地名ですw

滋賀県守山市浮気町(ふけ)

ついつい「うわき」と読んでしまいますが、常に水気が立ちこめる土地というところから浮気(ふけ)という地名に!浮気相手とぜひ旅してみては?

 

岐阜県大垣市昼飯町(ひるい)

昼飯というくらいなので、きっとランチも美味しいはず!昼飯町の飲食店のみなさんはプレッシャーだろうな〜w

 

福岡県大野城市雑餉隈町(ざっしょくのくま)

なんでも食べる熊がいたのか?と一瞬思ってしまう地名です。雑餉とは人をもてなす酒や食事のこと。

 

いかがでしょうか?全国にはいろんな難読地名がありますが、なんでこんな地名にしたんだろ?というキッカケから町を知る、そして旅をする。ぜひ難読地名観光おすすめですよ♪

 

 

Read More
スクリーンショット 2015-06-15 9.08.29

85%が「住みたい街」を決めてから物件を探す

Q:不動産物件を探すときに、あなたはどっち派ですか?1つお選びください。

対象:都内在住の20〜30代の男女150名ずつ計300名

 

 

住みたい街かどうか判断する情報とは?

約85%の人が「住みたい街」を決めてから物件を探すと回答しました。「住みたい街」を決めてから「物件を探す」という順番が、不動産物件を決める際に多いようです。デカケルKitは不動産物件に住んだ場合どんなライフスタイルがあるのかを「おでかけコース形式で紹介」する支援サービスを行っております。物件周辺に住んでいる地元の人にヒヤリングし、「休日の過ごし方」や「仕事終わりで立ち寄るお店」など、地元の人がこの街に住んで良かった!をおでかけコースにして紹介。不動産物件を検討しているユーザーがライフスタイルをイメージできる情報を配信します。

 

【住みたい街を決めて、物件を探す派】(FA

・物件だけの条件では、該当するものが多すぎるので(20代男性)

・住む部屋も大切だけど住む街の方が密接に関係すると思うから(20代女性)

・まず周辺環境がよくないと住みたいと思えないから(20代女性)

・どこに住みたいかを先に決めないと、選択肢が膨大になりすぎてなかなか決まらないから。 (20代女性)

・職場に通いやすいかという点を重視すると、やはり街から探すことになる。 (20代女性)

・治安が良く、口コミなどで評判が悪くないこと。 自治体の助成制度が充実して子育てがしやすいことなど、 好感が持てる地域、住みやすい地域であることが重要。 (20代女性)

・物件は後からでもある程度選べるけど、周辺の街は後から決められないから(20代女性)

・毎日を過ごしやすいのは、なんといっても周りの環境にあると思う(30代女性)

 

【住みたい物件を決めて、周辺の街の情報を調べる派】 (FA

 

・いい物件から見つけたいから(20代男性)

・家賃やこだわりを先に検索するので(20代女性)

・環境も大事だが何より家の住みやすさや家賃などが気になるため(20代女性)

・よく観察しないと環境がわからないので(30代女性)

スクリーンショット 2015-06-15 9.08.46

 

不動産物件周辺のライフスタイルを紹介するなら「デカケルKit」がおすすめです!

お申し込みは以下より↓

 

3

Read More
スクリーンショット 2015-05-09 10.54.02

旅行者の3人に1人が、「観光コース情報」にニーズを感じている

Q 国内の観光を検討する時に参考にしたいのはどちらの情報ですか?

 

 

観光スポットまとめと観光コース情報の使い分けについてアンケートをとってみました。結果は旅行者の3人に1人が、「観光コース情報」と回答。ユーザーのフリーアンサーから傾向をまとめました。

 

 

観光コース情報を選んだ方の主なフリーアンサー

 

自分には思い付かないプランがありそうなので、既にまとめられた情報を元に、意見を反映させた方が良いプランになりそうなので。(20代男性)

土地勘がないからスポットだけまとめられても回り方がわからない(30代男性)

コースの情報は要する時間も載っているので計画を立てやすい(20代女性)

一から考えなくてすむ(30代女性)

 

 

観光スポットまとめ情報を選んだ方の主なフリーアンサー

 

各観光地に行くかどうかの判断材料にするから(20代女性)

自分が見たいスポットを選び、自分でコース作成ができるから。(20代男性)

行きたいスポットを選んで適当に動くのが楽(30代男性)

 

 

まとめ

 

その観光地に「行ってみたい!」というキッカケになる情報は、どちらかというと観光スポットまとめの方がよいということがわかります。また、自分でコースを計画できたり、あまり計画せず気ままに旅行したいという方も観光スポットの方がよいということがわかりました。 観光コース情報は、観光地を決めた後に重要度が高まるようです。観光自治体のサイトとして、行ってみたい!と思わせる観光スポットまとめコンテンツと観光計画をサポートする観光コースコンテンツの併用は理想的な形と思われます。

 

 

観光スポットまとめと観光コースメディアを低コストで、ITスキルやデザインスキルなしで立ち上げられる、デカケルKit!お申し込みはコチラから

 

3

Read More
2

旅行計画しないユーザは、計画したユーザの5倍不満と感じる!

観光旅行やおでかけの「計画」を支援するCMSツール、「デカケルKit」が観光旅行前の計画について、意識調査を実施しました。※ 回答者数:20代&30代男女計300名/実施:2015年1月

 

観光旅行前の計画について

 

Q:あなたは観光する前に、観光するスポット選びや順番、移動方法、時間など観光するコースを詳細に計画しますか?

1

《計画する派の意見》

 

・時間がもったいないからです(20代男性)

・ある程度は計画しないと時間が足らなくなるから。(30代男性)

・時間を有効に使えて観光名所など自分が興味のあるところをきちんとまわりたいため(20代女性)

・ムダな時間や、現地で迷ったり悩んだりして負の気持ちになりたくないから。 (30代女性)

 

《計画しない派の意見》

 

・現地に行って行き当たりばったりが好きなため(20代男性)

・途中で行きたくなる場所もあるだろうから綿密に計画をすることはやめている(30代男性)

・行きたいところだけはピックアップするが、 当日の天候や条件(交通機関の事故等)により、 変更せざるをえないこともあるので、 順番・コース・移動方法等は詳細に計画しない。(20代女性)

 

計画後の満足度について

 

Q:計画した旅行は満足できましたか?

 

2

 

 

不満足の主な理由は「時間を無駄にしたから」「予想外のことが起きて、計画どおりに行かなかった」「(地元の情報に乏しく)ありきたりな計画になった」。

 

  • 約6割が観光旅行前に詳細の計画を行う
  • 計画した人の中でも「ありきたりな計画だった」という理由で不満と感じている方もいる
  • 計画しないユーザは計画したユーザの5倍不満と感じている

 

 

3

 

 

 

Read More
スクリーンショット 2015-05-09 10.35.58

観光旅行の5段階モデルの「調べる」を活性化させるCMSツール

デカケルKitは、観光やおでかけコースに特化したオウンドメディアを支援するCMSツールです。低コストで、IT・デザインスキルなしでオウンドメディアを立ち上げることができます。そのデカケルKitは、観光旅行の5段階モデルの「調べる」の部分を支援するツールです。

 

観光旅行の5段階モデル

 

 

夢を描く

 

旅行意欲を刺激する段階。主に、テレビや雑誌などの情報から刺激を受けて、旅行意欲が駆り立てられます。

媒体:テレビや雑誌が中心で、最近はまとめ・キュレーションサイトなども含まれる

 

 

調べる

 

旅行計画をする段階。検索すると、スポット情報を扱うメディアが多い中、ユーザーが体験したオススメの観光やおでかけコースが紹介されているメディアは少ない。デカケルKitを活用したコースメディア、「デカケル.jp」では、ママやOL、アイドル、サラリーマンなど個性的なガイドがコースを紹介しています。

 

媒体:デカケル.JP

 

手配する

 

旅行代理店や宿泊施設を手配する段階。

媒体:JTBやH.I.Sなどの旅行代理店。楽天トラベル、Yahooトラベルなどのオンライン旅行代理店。

 

 

経験する

いよいよ観光旅行です。

旅行計画をしなかったユーザーは、計画したユーザーの5倍不満を感じるという調査結果がでました。

詳しい調査結果はこちらから

共有する

 

JTB総合研究所さんの調査レポートに、SNSで自分の体験を「発信したい」からおでかけしたことがあるか?という質問に対して、20代の 11%が「経験がある」と回答。友人のSNSの共有がきっかけで旅行に行きたくなった!方も少なくないですね。

 

 

観光旅行の5段階モデルの「調べる」を支援するなら、観光コース作成・配信に特化したCMSツール「デカケルKit」!

 

2

 

3